「アンカー効果」によって、子供に大人気のキャラの商品も印象が変わるという話

batsu エンタメ

最近一番笑ったTwitterの投稿記事。

コンビニで女子高生がキャーキャー騒いでいた商品を見たら、とんでもない形をしていたという話。

これは騒ぐわ。。。

形といい、色といい、リアルすぎて、芸術レベルまで到達している感じ。

ちなみに、これを見た後にAmazonで売られている子供に大人気キャラの商品を見ると、まったく違う印象を受けます。

これが先入観というか、心理学でいう「アンカー効果」(最初に見たものによって、その後の判断に影響を及ぼす心理効果)なのだと思います。

しかしこの商品、撮影の方向が悪いのか、アレにしか見えない・・・

定価2,500円くらいするものが投げ売りされていますが、親としては子供に買い与えたくない気持ちになりますよね。

ゲーム業界に転職したい人向けの情報
ゲーム業界への転職なら「Geekly(ギークリー)」がオススメです。
IT・WEB・ゲーム業界に特化しているので、他の転職サイトには掲載していない非公開求人を多く持っています。例えば、某大手転職サイトでゲーム関連の求人数は45件掲載されていますが、Geekly(ギークリー)では、708件掲載されています。(2018年12月30日時点) Geekly(ギークリー)