【ソシャゲ用語】LTV(エルティーブイ)

ソーシャルゲーム用語 用語

今回は「LTV(エルティーブイ)」についての説明です。

スポンサーリンク

LTV(エルティーブイ)とは?

LTV(エルティーブイ)とは、Life Time Value(顧客生涯価値)の事で、顧客が生涯を通じて会社にもたらす利益(価値)のことです。

例えば毎月あるソーシャルゲームに1,000円課金するユーザーがいたとして、そのソーシャルゲームを1年間続けてからやめたとすると、この顧客のLTV(顧客生涯価値)は12,000円になります。(1,000×12カ月)

LTVは下記の計算式で求められます。

1回当たりの購入額(or利益)×購入頻度×購入期間

まとめ

LTV(顧客生涯価値)は広告を出稿する際の指標としてよく使われます。

ソーシャルゲームの場合、広告経由でインストールしたユーザーは、すぐに課金する訳ではなくゲームをやりこんでから課金するのが一般的です。

そのため、ゲーム開始後1か月ほどの課金額をベースに出稿できる広告費を算出すると非常に低い金額になり、広告を出すことが出来ません。

そこで1ユーザーを獲得するための広告費を算出するための指標としてLTVを使う事で、広告費の採算が(計算上)取れるようになります。

1ユーザーを獲得するためのコストが300円だった場合、LTV(=1ユーザーがソーシャルゲームで遊んでいる期間の合計課金額)が300円以上であれば採算が取れるので、広告出稿を行う事になります。

ゲーム業界に転職したい人向けの情報
ゲーム業界への転職なら「Geekly(ギークリー)」がオススメです。
IT・WEB・ゲーム業界に特化しているので、他の転職サイトには掲載していない非公開求人を多く持っています。例えば、某大手転職サイトでゲーム関連の求人数は45件掲載されていますが、Geekly(ギークリー)では、708件掲載されています。(2018年12月30日時点) Geekly(ギークリー)