【ソシャゲ用語】IPもの/IPコンテンツ

ソーシャルゲーム用語 用語

今回は「IPもの/IPコンテンツ」についての説明です。

スポンサーリンク

IPもの/IPコンテンツとは?

IPとは、Interllectual Propery=知的財産権の略称の事で、IPもの(もしくはIPコンテンツ)とは、知的財産(=主に著作権)を使ったコンテンツを意味します。

ソーシャルゲーム業界では、マンガやアニメなどの他社の持つコンテンツ(=版権)を使ったソーシャルゲームの事を指します。

例えば、「ドラゴンボールZドッカンバトル」や「ONE PIECE トレジャークルーズ」、「キン肉マン マッスルショット」などがIPもの(IPコンテンツ)に当たります。

尚、同じ「IP」でも「IPアドレス」として使われているものは、「IP=インターネットプロトコル(インターネットの通信方式)」の略称で、全く違う意味になります。

IPもの(IPコンテンツ)のメリットとデメリット

IPコンテンツのメリットとして、主に下記の2点があります

1)広告宣伝費を抑えられる
2)既存のコアユーザーを獲得できる

その反面、デメリットは下記になります。

1)ライセンス料を支払う必要がある
2)監修などにより表現が制約される場合がある

まとめ

IPもの(IPコンテンツ)の反対語として、全て自社で企画・開発したオリジナルのコンテンツは「自社IP(自社コンテンツ)」と呼ばれることが多いです。

例えば「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」などは、ガンホーオンラインエンタテインメントの自社IPコンテンツになります。

ゲーム業界に転職したい人向けの情報
ゲーム業界への転職なら「Geekly(ギークリー)」がオススメです。
IT・WEB・ゲーム業界に特化しているので、他の転職サイトには掲載していない非公開求人を多く持っています。例えば、某大手転職サイトでゲーム関連の求人数は45件掲載されていますが、Geekly(ギークリー)では、708件掲載されています。(2018年12月30日時点) Geekly(ギークリー)