【ソシャゲ用語】F.O.X(フォックス Force Operation X)

ソーシャルゲーム用語 用語

今回は「F.O.X(フォックス)」についての説明です。

スポンサーリンク

F.O.Xとは?

FOXとは、株式会社サイバーエージェントの100%子会社であるCyberZ社が提供する、スマートフォン広告の分析ツールです。

「F.O.X」は「Force Operation X」の略で、以前は「App Ad Force」という名前のサービスでサービス提供されていました。

この機能(SDK)を実装しているアプリを起動すると、「app-adforce.jp」というサイトが強制的にブラウザで開き、その後にアプリが起動します。

このブラウザに遷移することで、数値の計測ができるようになるのですが、ブラウザ起動にビックリするユーザーも多いようで、ウィルス感染などの心配をしてYahoo!知恵袋などに質問が多数投稿されています。

アプリのトップセールスランキング上位100タイトルのうち、50%のアプリで実装されている国内シェアNO.1の効果・分析ツールです。

利用料金

「F.O.X」の利用には、初期費用と月額料金の2つがかかります。

初期費用:10万円(税別)
月額費用:MAUによる従量課金

料金リスト

まとめ

「F.O.X」はアプリのダウンロード数、アプリ内でのアクション計測やLTVの計測など、多数の計測を行う事が出来ます。

何より「F.O.X」の良い点は、管理ツールの動作が非常に軽くて高性能な点です。

色々なSDKサービスを利用していますが、操作性などが非常によく、国内NO1シェアも納得なサービスです。

難を言えば、高性能すぎて管理画面の項目が多くて分かりにくい点です。
いっぱい項目があっても見る項目って数種類しかないんですよね。。。

あと、月額費用もお高めなので、個人や中小の開発会社には手を出しにくいのも難点ですね。
これは最初の契約でお安くできるケースもあるそうなのですが。

ゲーム業界に転職したい人向けの情報
ゲーム業界への転職なら「Geekly(ギークリー)」がオススメです。
IT・WEB・ゲーム業界に特化しているので、他の転職サイトには掲載していない非公開求人を多く持っています。例えば、某大手転職サイトでゲーム関連の求人数は45件掲載されていますが、Geekly(ギークリー)では、708件掲載されています。(2018年12月30日時点) Geekly(ギークリー)