【ソシャゲ用語】泥率(どろりつ)

ソーシャルゲーム用語 業界情報

今回は「泥率(どろりつ)」についての説明です。

スポンサーリンク

泥率(どろりつ)とは?

泥率(どろりつ)とは、ソーシャルゲーム内で、モンスターを倒した後にレアアイテムやレアカードなどが手に入る確率を意味します。

アイテムを落とす(=drop)確率を示す「ドロップ率」から当て字で付けられました。

ネットで「泥率」で検索すると、「モンスト=モンスターストライク」と「デジリン=デジモンリンクス」の記事が多数ヒットするので、モンストユーザーとデジリンユーザーは、泥率に敏感なユーザーが多いようです。

この泥率(ドロップ率)やガチャの確率をユーザーへの告知なしで変更することで、「サイレント修正」としてネットで話題になる事も最近は増えています。

ゲーム業界に転職したい人向けの情報
ゲーム業界への転職なら「Geekly(ギークリー)」がオススメです。
IT・WEB・ゲーム業界に特化しているので、他の転職サイトには掲載していない非公開求人を多く持っています。例えば、某大手転職サイトでゲーム関連の求人数は45件掲載されていますが、Geekly(ギークリー)では、708件掲載されています。(2018年12月30日時点) Geekly(ギークリー)