人は考えている事と違う行動をする、という話

AC_24613110_s

今回は、「人は考えていることと違う行動をする」という話です。

以前、ある食器メーカーが今後の商品開発の参考のために、10人程の主婦を招いて座談会を行ったことがありました。

その話の中で「今一番欲しい食器皿の色は?」というアンケートがあり、一番人気は『赤色のお皿』、一番不人気は『白色のお皿』という結果でした。

『赤』は食欲中枢を刺激し、食欲を増進する効果があるといわれていますので、学術的にも裏付があります。

またその効果を狙って、和菓子などのネット通販などで商品を載せる風呂敷などの土台をを赤にしているサイトも多く見かけます。

「やはりありがちな色の皿よりも、非日常を感じさせられるお皿の色の方が売れるのかも!?」

主催社の社員はそんな事を思いながら意見を聞いていたのですが、その後座談会が終了後し、お礼として様々なお皿の中から1枚だけ好きなお皿を自由に持って帰れるようにしていた所、その結果を見てその社員は大変驚きました。

なぜなら参加者の大半は、『赤色の皿』ではなく、『白色の皿』を持って帰っていったからでした。

ユーザーは自分の欲しいものをイメージ・表現するのは難しく、目の前に現れて初めて欲しいかどうかが分かるという事だと思います。

尚、この食器メーカーには後日談もあります。

座談会での会話では、赤色の皿を使用したイメージは非常に良かったけれど、実際に皿を持って帰れる状況となると現実に引き戻され、どんな料理にも合う使い勝手のいい白色を持って帰ったと主催社側では仮説を立てました。

そこで赤色の皿のニーズはあるが自宅用に購入するには抵抗があると考え、普段使いの皿ではなく、より高価なギフト商品として赤色の皿をセットにしたところ、大変好評で売上を大きく伸ばしたとのことでした。

プレゼントやギフトなどは、贈る人が「良い」と思ったものを選ぶことが多いので、実際に自分が使う際には少しためらうものでも、プレゼント用であれば抵抗なく買えるという心理を突いた見事なマーケティング戦略だと思います。

タイトルとURLをコピーしました